読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【将棋ウォーズ】で強くなる!

将棋ウォーズアプリの紹介、攻略など

将棋ウォーズで勝つコツ。小技や知識を覚える

将棋ウォーズで勝率をあげたいですよね。

 

棋力や段位、達成率を上げたいそんな方に小技など勝つために必要なコツをご紹介します。

 

f:id:hokutonokentyan:20161118200741j:plain

まずは初心者の人向け。

 

  • 好きな戦法と好きな囲いを覚える

まず最初に好きな戦法と好きな囲いを探して決めましょう。たくさんある中まずは決めることが大事です。

最初は浮気せずその戦法で何局も指すことが大事です。

そのあと飽きてきたら違う戦法と囲いを覚えていきましょう。

 

  • 対策を考える

次に相手の戦法と囲いを見ながら指すことです。自分の駒組みだけでなく相手の駒組みを見れるようになりましょう。

そして相手が仕掛けてくる戦法の対策を考えることです。初心者の内は急戦といって「わからん殺し」をされます。

例えば石田流や中飛車で速攻で負けたなど。

これには棋譜を見直し、自分も相手からされた戦法を使ってみることも対策となるでしょう。

 

 

 

中級者にも。

 

  • とにかく指す

対局を1日に何局も指すことです。経験がものをいいます。

当たり前だと思われがちですが、指している時の方が勝率は高いのです。

私だけの情報では信じられないと思いますが、トップ棋士渡辺明竜王も言っていました。指してないと弱くて負けると。感覚が鈍るのでしょうか。科学的根拠はわかりませんがそうなります。

1日に何局も指しているとわかるようになってくると思います。

ちなみに10分切れ負け、3分切れ負け、10秒将棋、どれもすべて多く指しましょう。全部違った強さが手に入ります。これはおすすめなので是非試してみてください。得意と苦手がわかると思います。

 

  • 時間を制す

将棋には時間があります。この時間を有効に使うことです。

ひとりひとり将棋には個性があって、棋風と呼ばれています。

棋風によって時間の使い方を変えなくてはいけません。

どうゆうことかというと、詰将棋に時間がかかる人、序盤が弱い人、中盤で考える人、早指しが得意な人、さまざまです。

なので自分にあった時間の使い方をしなくてはいけません。

例えば早指しが得意な人は、10分切れ負けではゆっくり時間を使ってみて試したり。詰将棋が苦手な人は序盤で早く指して時間を残しておいたりと自分にあった時間の使い方を見つけましょう。

 

 

 

今日はここまでです。次回続きを書いていきます。

それではまた失礼します。