【将棋ウォーズ】で強くなる!

将棋ウォーズアプリの紹介、攻略など

将棋ウォーズで初段になる方法!最新2018

将棋ウォーズで初段になるためには

将棋ウォーズも将棋ブームのおかげでさらに人気が高まってきましたね。

さて、このサイトでも何度か書いていますが、将棋ウォーズで初段になる方法です。

2018年の6月に突入したので最新の情報を取り入れてみました。

 

前回までは、詰将棋終盤力の鍛え方などを主に上げてきました。

これはもちろん大事で早く初段になれる方法です。

今回は別の、そして最新の方法を書いていきます。

 

将棋ウォーズで初段になる方法2018

それでは将棋ウォーズで初段になる方法2018を紹介します。

その方法は【負けた将棋の見直し】です。

前にブログでも書いたことはありますが、2018なので少し変わってきています。

 

まず将棋のコンピュータが強くなったことにより、負けた将棋の見直しが簡単にできることと、プロが考えるような最善手がすぐに分かるようになりました。

このことにより自分で検討しなくてもコンピュータがかってにやってくれる、そして今までとは違い最強の一手を教えてくれるのです。

 

プロと同等の強さを覚えたらそれはもう初段なんてあっというまです。

 

さらに詳しくやり方を書くと、例えば、「ぴよ将棋」というアプリがあり、将棋ウォーズや将棋クエストなどと連動できて、簡単に自分の打った棋譜を並べることができるのです。

本当に携帯にアプリをダウンロードするだけなのでお手頃にいつでも検討できます。

 

そして将棋ウォーズでは棋神解析と言ってコンピュータが棋譜を解析してくれますが、棋神解析券が必要になります。棋神解析券がなくてもぴよ将棋からだと無料で検討できます。

 

 

なぜ今この見直しが必要なのか

なぜこの見直しが必要なのかというと、初心者にありがちなもったいないミスを改善できるからです。

ユーチューブでも見れる元奨励会員のアユムさんがおっしゃっていました。

級位者の方の対局を見て思ったそうです。

 

もうパソコンで負けた将棋を検討するのは古いという時代もくるのでしょうか。

級位者の方は携帯からのお手軽な検討ですぐに初段にあがれること間違いなし!

 

 

 

 

最後に

級位者の方は相手の勝率などの情報に注意!新規アカウントなどもいるのであまり落ち込まないように。

将棋の漫画が新しく始まりましたね。【紅葉の棋節】もみじのきせつ

週刊少年ジャンプに将棋漫画

週刊少年ジャンプの表紙に将棋の漫画が載っていました。

見た瞬間テンションあがりましたね。将棋の漫画はあまり多くないのでうれしい限りです。

今日は簡単に【紅葉の棋節】を紹介します。

紅葉の棋節はタイトルの名前で「もみじのきせつ」と呼ぶみたいです。

 

藤井聡太七段の影響もあって将棋ブームにより将棋漫画も増えていくのではないでしょうか。

 

この作品は2018年5月14日に発売されたジャンプに載っていましたが、ワンピースとハンターハンターくらいしか読まない私には楽しみが増えましたね笑

 

紅葉の棋節はどんな漫画?

さて、この漫画はどんな内容なのでしょうか。

ネタバレになるといけないのであらすじくらいにしておきます。

 

主人公は中学生で眼鏡をかけた男の子で名前は蔵道紅葉。紅葉は名前だったんですね~。

紅葉くんの兄が天才プロ棋士だったのですが亡くなられていて、その兄の幻影を追ってプロ棋士を目指している青春将棋漫画となっています。

またヒロインも可愛くて将棋も強い!紅葉くんと対戦するも・・・

 

これまでの将棋漫画

これまでにも将棋漫画は紹介してきましたが調べてみると新しいものも古いものもでてきました。

3月のライオンハチワンダイバー、聖、ものの歩将棋めし月下の棋士、盤上の詰みと罰、5五の竜、しおんの王、ひらけ駒、王狩り、駒ひびき、成るアホウの一生、りゅうおうのおしごと。などです。

太字のものしか私は読んだことがありませんが、すべておもしろかったですよ。

他のも作品も表紙から見ておもしろそうなものがたくさんありました。

しかしマイナーな作品となれば本屋さんや中古のブックオフなどでもあまり見かけないかもしれません。

一度タイトルを調べてからアマゾンなどのネットで買う方がおすすめかもしれません。

 

是非お時間ある時に読んでみてはいかがでしょうか。

 

 

藤井聡太六段VS羽生善治2冠、再戦なるかも!?

藤井聡太六段vs羽生善治二冠の再戦の可能性

前回の対局では藤井聡太さんが羽生善治さんに勝ってまたもや世間を驚かせました。

天才VS神とまで言われたおもしろい一局でしたね。

そんな夢のような対局が再び訪れるかもしれません。

もちろんお二方共第一線で活躍されているので今後も二人の対局は見られると思いますが、第66期王座戦で一番早くみられるかも知れません。

 

王座戦では現在、決勝トーナメントを行っています。その決勝トーナメントで藤井聡太六段は屋敷伸之九段に勝利しました。そして次の対戦相手が羽生善治二冠の可能性があります。

羽生善治二冠と深浦康市九段の対局で勝利した方が藤井聡太六段との対局になるのです。

 

羽生善治さんとの対局になるのか

深浦康一九段もベテランの方で簡単に勝利できるものではありません。

しかし王座戦での羽生善治二冠の強さは尋常ではありません。

調べた結果なんと、1992年から現在まで26年間すべて決勝まで進んでいるのです。

そしてその26年間の内、22年は優勝という考えられない記録です。また18年連続優勝の記録も保持しています。

まさに伝説なので、もしかすると深浦九段を破り、藤井聡太六段と対戦することになるかもしれません。

そして前回は敗れているので、今回は勝って盛り上げてくれるかもしれません。

藤井聡太さんのファンになった私は藤井聡太さんにも勝ってもらいたいのですが笑

 

どちらにしても王座戦の対局が楽しみです。

 

 

最後に

藤井聡太六段としていますが、王座戦の前に七段昇格の対局を控えているので、それに勝てば藤井聡太七段になっているのであしからず。

 

藤井聡太六段 考えられないスピードで七段に昇格する可能性

藤井聡太七段になるか

(2018年4月23日更新)

藤井聡太六段の竜王戦ランキング戦5組の準決勝が決まりました。

なんと勝てば七段昇段が決まります。

 

プロ入りから光速で六段になり、もう七段が見えているなんて考えられません。

 

準決勝の対戦相手は船江恒平六段で、人柄はとても優しい人方なのですが将棋はもちろん鬼のように強いです。戦略的で受けが粘り強い印象を持っています。プロ棋士対コンピュータはまだ記憶に新しいのではないでしょうか。

ツツカナという最強コンピュータに負けてしまいましたが、どちらが勝ってもおかしくない勝負で反対に船江さんの強さを知れました。

5月18日の竜王戦が楽しみです。

 

 

将棋ウォーズで初段になるためには駒の手筋(てすじ)を知ることだ!

将棋ウォーズで初段になるためには

将棋ウォーズで初段を目指している人のために、初段になるために重要なことのひとつ、『手筋』をご紹介します。

 

手筋とは

手筋という言葉を聞いたことはあるかもしれませんが、意味はわからないと言う方に簡単に説明させていただきます。

手筋とは、将棋の技(テクニック)のことで、一度形を覚えてしまえば次からは一瞬で良い一手が見えるようになります。

 

100パーセント良い一手かというと局面によってそうではない場合もあります。

しかしかなりの確率で良い手と言えるでしょう。そしてその一手が「見えている」「見えていない」でこれからの勝率が変わってくるでしょう。

 

初段の人でもまだ知らない手筋はある

手筋はかなり多いです。歩、香車、桂馬、銀、金、角、飛車、王とすべての駒に手筋があって、一つの駒に約10個くらいの手筋があるのではないでしょうか。現在初段の方でもすべては覚えていないかもしれません。

 

また駒の手筋には呼び方がついているものもあり、覚えやすいかもしれません。

例えば歩の手筋だと『継ぎ歩』『底歩』『ダンスの歩』『垂れ歩』『たたきの歩』『焦点の歩』『連打の歩』『突き捨ての歩』『合わせの歩』など。

名前だけ聞くと難しいようですが、よくでてくるので何度も指していると自然に覚えたりもできます。

将棋を友達とやったことあるよって人は、王様と飛車を同時に攻撃する王手飛車取りの角を打ったことがあるのではないでしょうか。あれも手筋で、初心者が最初に覚える手筋と言っていいでしょう。

 

おわりに

他の駒にもそれぞれ手筋があるので覚えてみてはいかがでしょうか。

また手筋についてひとつずつ詳しく記事を載せていきたらと思っています。

 

神か天才か!羽生善治竜王VS藤井聡太五段 歴史的対局がいよいよ見られる!

歴史的瞬間!羽生善治竜王VS藤井聡太5段公式戦対局!

 

羽生善治竜王と藤井聡太五段の公式戦の対局が決まりました。

気になる日程ですが、2月の17日(土)午前10時から東京有楽町朝日ホールで開催予定です。

 

なお、生中継は、

・ニコ生

・アベマTV

・将棋連盟公式中継

・朝日新聞デジタル

で生中継するみたいです。

 

見どころは?

今回の対局の見どころは、なんといっても国民栄誉賞を獲得した勢いある将棋界のレジェンド羽生善治さんと、こちらも勢い溢れる5段になったスーパースター藤井聡太さんとの力と力のぶつかりあいではないでしょうか。

両者は非公式戦で2度戦っており、1勝1敗と引き分け。

なのでこの公式戦に注目が集まっているのです。

そして力のぶつかり合いというのも理由があり、今回の対局においては少し違うところがあります。

それは持ち時間の各40分です。

初心者の方にもわかりやすく言うと、ひとり40分の持ち時間というのは短すぎるのです。

40分もと思うかもしれませんが、トップ棋士達にとってはとてつもなく短いのです。

早指し(はやざし)と呼ばれるもので、棋士にも得意、不得意があります。

藤井聡太5段は早指しは得意ではないとのことですが、プロに入り、早指しもかなり力がついてきたとのことです。

持ち時間を使い切った後は、一手60秒未満で指さなければならないので、時間の使い方が重要な一局となるでしょう。

 

運命の一戦はいかに。あなたの予想はどちらでしょう。

 

 

 

 

将棋ウォーズで初段になるための勝つ戦法!『奇襲戦法』

将棋ウォーズで初段になるには勝つ戦法がある

将棋ウォーズで勝つ戦法は大きく分けて、王道の戦法、奇襲戦法、マイナー戦法となります。

 

王道の戦法を極めて勝つのか、奇襲戦法で一気に勝負をつけるのか、マイナー戦法でわからん殺しをして勝つのか、この3つが主になります。

 

王道の戦法は地道に定跡を学び研究し、序盤、中盤、終盤といずれにも強くなります。

 

マイナー戦法はあまり知られていない戦法で勝つという戦法です。

 

そしててっとり早く将棋ウォーズで勝てる戦法が奇襲戦法です。

奇襲戦法とは分かりやすく言うとハメてですが、れっきとした戦法で、プロでも使われていたりします。

少し詳しく言うと完璧に相手に対処されると少し悪くなるかもしれないのですが、プロでも使われたりするくらいなのでかなり対処は難しいと思います。

 

将棋ウォーズで初段を目指している人にはもってこいの戦法です。

なぜなら将棋ウォーズ初段以下は奇襲戦法による対策ができていない人が多いからです。

 

将棋ウォーズで勝つための奇襲戦法紹介!

それではおすすめの奇襲戦法をいくつか紹介します。

自分に合った奇襲戦法を見つけてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

奇襲戦法一覧

とりあえず奇襲戦法と言われている一覧です。

居飛車

・鳥ざし

・浮き浮き飛車

振り飛車

・鬼殺し・新鬼殺し

・原子中飛車

・端角中飛車

・早石田

・角交換四間飛車

・コーヤン流

・トマホーク

その他

・一間飛車

・パックマン

・角頭歩戦法

・嬉野流

 

他にもまだあると思いますがざっと並べてみました。どこまでが奇襲戦法かというラインが難しかったものでこれくらいにしておきます。

 

 

 

さて、この中で将棋ウォーズ初段になるにはどの奇襲戦法が良いのでしょう。

私のオススメは早石田です。

将棋ウォーズ初段まではこの戦法が流行っています。

やられていやな戦法なので自分で指していると対策も自然に身に付くでしょう。

鬼殺しも新鬼殺しも早石田も石田流も新石田流もすべて三間飛車(左から3つめのマスに飛車を振る)なので5つも覚えられることになりますね。

 

早石田にもパターンがあります。角交換型と角道を止めてくるパターンがあります。

角道を止めてきた場合は、石田流に移ったりとなりますかね。石田流本組(9七)にするか7七角型にするかです。

 

相手が対応を知らなければ、一気に潰せるので是非覚えてみてはいかがでしょうか。

 

 

最後に

個人的に嬉野流もおすすめですが、初心者のうちは、少し難しいのとあまりおもしろくはないかもしれません。